カロリー制限、断食、炭水化物抜き・・・色々なダイエット方法がありますが、どれも間違いに気づかず行ってしまう方が大変多くいます。きちんと仕組みを理解した上で自分の体と相談しながら健康的にダイエットしていきましょう。

夜トマトダイエットに即効性はあるか

今話題の夜トマトダイエット。夜にトマトを食べるだけなので長続きしやすいと評判のダイエットです。
夜にトマトを食べるとなぜ痩せるのでしょうか。また、即効性はあるのでしょうか。トマトは、リコピンやビタミン・ミネラルが豊富に含まれる、生命力の強い野菜で、脂肪の代謝を活発にする成長ホルモンの分泌を促してくれます。この成長ホルモンは、午後10時~午前2時ごろに眠ることによって分泌するので、その前にトマトを食べる生活を半年ほど続けると、余計な脂肪が減りやすくなると言われています。
つまり夜トマトダイエットは地道に長期間続けないと効果は出ないので、この理由では即効性はありません。ところが、夜トマトダイエットを試してみたら1週間で体重が減ってきたという人もいるのはどういうわけでしょうか。
夜に口さみしくなって何か食べたい、その日嫌なことがあって何か食べずにいられない、そんな、食べることでストレスを解消するタイプの人は、実は予想以上にたくさんいます。そんな時に一番悪いパターンは、コンビニに走ってコーラとポテトチップスを買ってきてカウチポテトをしてしまうこと。ポテトチップスのカロリーは普通は1袋で1000kcalです。ここまでひどくないにしても、冷蔵庫の中のチーズやら菓子パンなどに手を出してしまう人は多いのではないでしょうか。成長ホルモンの分泌は夜間ですが、体に脂肪が定着するのも夜なのです。
トマトのカロリーは、大きいものでも1個30kcalなので、お腹いっぱい食べても100kcalまでいかないのが普通です。夕食や夜食でトマトを食べると、カロリーの高い食品とトマトを置き換えることになりますから、これを1週間も続ければ少しは体重も減ってくるというものです。こうした意味では、夜トマトダイエットには即効性があるとも言えるでしょう。そして夜トマトを習慣にすると、半年後には痩せやすい体になるというわけです。