カロリー制限、断食、炭水化物抜き・・・色々なダイエット方法がありますが、どれも間違いに気づかず行ってしまう方が大変多くいます。きちんと仕組みを理解した上で自分の体と相談しながら健康的にダイエットしていきましょう。

ダイエットと肥満度と梅干しについて

自分の肥満度を知っておくことで、ダイエット計画も立てやすくなります。肥満度を知るためには、BMIの数字から肥満かどうかを知ることができます。肥満度は高くなりすぎると、生命にも関わる病気にかかる可能性もあるので、早めに自分の適性体重に戻すことが大事です。BMIの数値が出たら、そこから今の自分の体重のレベルが見えてきます。BMIが18.5未満であった場合は、標準体重よりも痩せていることになります。太り過ぎも健康には負荷がかかりますが、極端にやせすぎも身体によとは言えません。痩せ過ぎな人は、食事と運動で健康的な体重を目指すといいでしょう。数字が18.5から25未満の場合は、標準のゾーンにいます。健康体重の範囲ですから、この数字を維持するのがベストでしょう。ただし、隠れ肥満というパターンには注意です。BMIが25以上になると、肥満気味に入ってきます。太り過ぎは生活習慣病にもつながりやすいため、無理のないダイエットをスタートさせましょう。

日本人に馴染み深い梅干しは、ダイエットにも驚異的なパワーを発揮します。毎日たくさん食べるのではなく、ダイエットも意識して、1日に2個ほどの梅干しを食べることで、体内における脂肪細胞が小さくなると言われています。脂肪細胞が食べ過ぎとエネルギー消費不足で、どんどん大きくなって肥満になります。ですが梅干しにはポリフェノールが含まれていて、それが脂肪細胞を取り込むことを防ぐ作用があります。痩せる秘訣としても、誹謗細胞を大きくしないことが大事です。梅干しを食べることによって、食事における血糖値の急上昇を抑えることができます。クエン酸を豊富に含みますから、血液もサラサラになって代謝もアップしていきます。